「ほっ」と。キャンペーン

その2 ~無秩序!無法地帯!!ナルルの恋愛事情~ ①   

さて、新規国で始めた国にプルトからパスワード移住をした、「ユノ・コレット(6才)みんなのアイドル」

※~詳細はその1を参照してくださいね!~





プルトからMAX金額を持って移住したにも関わらず、税関で所持金を半分に減らされたり、プルト的才能を無かったことにされたりで、スッカリ普通の人間としてナルル国に降り立ったのでした。

とりあえず、新規に「ショウ」で始めた時は、仕事はローク・エルグを選択していたので、同じのもアレかな?と思い、ユノではシーラ・エルグを選択しました。
シーラ・エルグは魚釣りが仕事なんだけど、仕事のポイントによって(?)エルグ員がA~Dまでランク分けしており、下位ランクの人は良い獲物が全然ゲットできない。。。

小さいエビみたいなショボイやつを釣り上げたときに、「良いの取れたヨ!」的な効果音が流れるのがちょっとムナしい。
まわりで仕事している人は、シーラカンスかピラルクか!?てな大物を続々釣り上げているというのに…

まぁ、でも頑張ってコツコツやっていればいつかは大物を釣れるだろう!と思って、今年は武術関連のイベントは諦めて仕事をメインに頑張っていくことにしました。

ちなみ「ショウ」ではじめたときは、ローク・エルグだったためか(?)、居住地がシンザー区。
「ユノ」でシーラ・エルグを選択したときは、居住地が「シーラル区」でした。
選んだエルグによって、住む場所も決まるだろうか。

さて、「ショウ」で降り立ったときは、独身のかわいこ子ちゃんのいないっぷりに大きく落胆したショウだったけど、ユノとして降り立ったとき、3人の恋人候補があっという間に見つかりました。

まずは第一候補。本命です!
ダニエル君。
メガネで赤髪で性格が「合理主義」
そしてティルグ員で騎兵長。8才なのに酒場マスター。素敵すぎる!!
何気に話しかけて彼を見たとき、本気でゲットするぞ!!と鼻息が荒くなりました。
ナルルではこの斜め顔のグラフィックが一番スキです。
ちなみに彼はプレイ開始時に一人で住んでいたので、おそらく移住者なのではないかと。

次に第二候補。
オメロ君です。
第一候補のダニエルと同じ顔ですね(^^;)メガネの有無と髪型がちょこっと違うくらい。
ダニエル君がダメだったときの予備として候補にあげときました。
彼は「オラフ」君という3才くらい下のそっくりな弟(未成人)がいて、オラフ君が成人するまでにユノが結婚していなかったら、彼も恋人候補に入ったのは間違いないと思われます。
ちなみにオメロ君の性格は「ラムサラ好き」

そして第三候補。
ショウ君。元自分です。。。
元自分というだけで何かと気になる存在だったのでしょっちゅう話しかけていたら、いつの間にか知人⇒友人になっていました。 
はっきり言って顔は好みのタイプじゃないんだけど・・・(何)
性格がユノと一緒の「アイドル」なので、両親の性格が子供に遺伝するという仕様だったら、結婚したときに一番安全パイかと。


さて、ナルルの友人or恋人作りですが。
仕事をやったり体を鍛えたりといった、他のするべきことの合間にちょこちょこやってると、けっこう時間がかかるかも!です。
ユノの場合、移住1年目で、翌年にはぜったい上位ランクに入りたかったので、毎日釣り釣り釣り!!といった生活になっていました。

なので友人を作ったり、恋人をつくったりといったコトは、休みの日か夜だけになっていたので、友人が出来るのも恋人ができるのもけっこう時間がかかりました^^;
異性と友人関係になるのに、10日以上かかったかも・・・

しかも上に述べた3人の恋人候補は全員シンザー区(地図でいうと右上のほう)に住んでいて、ユノはというと、シーラル区(地図で見ると一番下にあるところ)居住だったので、とにかく恋人候補に会いに行くのが遠すぎる。
毎日遠い場所から会いに行くのが面倒になったので、思い切ってプルトから持ってきた所持金を使って、本命のダニエル君の隣に家に引っ越しちゃいました。

引っ越し費用に10,000ペカもかかっちゃたけど、でもこれはマジで正解!
シーラ・エルグの仕事場は離れちゃったけど、でも朝イチで意中の彼たちに会いにいける環境ってすごく快適でした。
そんなこんなでバリバリのストーカーとなり、3人の異性と無事、知人⇒友人へステップアップしたユノ。
なかなか友人になれなかったのに対し、友人から恋人になるのはわりとスムーズに進んだ記憶があります。
ちなみに一番最初に恋人になったのは、元自分の「ショウ」でした…

ちなみにアイドルな彼に交際を申し込んだときのOKなセリフは優等生っぽく
「こちらこそ!」
でした。サワヤカスギル!

ダニエル君(合理主義)とオメロ君(ラムサラ好き)の性格に難ありなほうは、ぶっきらぼうに
 「い、いいぜ…」

でした。
性格によって(?)セリフが変化するのはとってもいい!


ということで、ひとりもんだったユノに一気に恋人が3人もできちゃうということに。
プルトと違って、恋人は何人でもOK!という仕様なのですね。良いのだか悪いんだか…
プルトと違って、“キャラにどのくらい魅力があるか”というのがイマイチ不明なので、PCといえど、いつ何時浮気されるかわからない緊張感が良いといえば良い・・・かな?
守護聖と完全に仲良くなっていたかと思っていたら、いつの間にかレイチェルに盗られてた、みたいな…(アンジェリークかよ)


その3へ続く。。。


その1を読む                    TOPに戻る

[PR]

by puruto-nikki | 2010-12-07 23:05 | ナルル日記

<< その3 ~無秩序!無法地帯!!... その1 ~キャラの新規作成、前... >>