「ほっ」と。キャンペーン

プルト共和国物語 PS版の思い出(その3)   

PS版のワーネバ2の思い出(その3・完結)です。
記憶を呼び戻すため、頭を叩きながら書いています。



さて。念願かなって(?)新婚早々未亡人になった3代目PCキララ。
亡き夫キヨカズの遺産もたっぷりあるし若くて魅力たっぷりなのに、なのに結婚相手がいない・・・
そんな状況に愕然とするのでしたが、そこはPCの特権を活かし結婚相手をサクっと移住♪
このとき利用させて頂いたのは、、アルティさんの公式ページの移住掲示板m(_ _"m)
キララの結婚相手として国に降り立ったのは、『タケル・シマダ』。コークの翼とエナの子の才能を持ったナイスガイでした。
タケルの移住会話が解除されると同時にキララはモーレツアタック。
亡き夫キヨカズと式を挙げたちょうど1年後の10日に、無事タケルと式を挙げることができたのでした。

そんなキララはその年の暮れ、8才でリムウルグ長に当選。
大好きな父・アレックと過ごした思い出のバハ区北邸に戻ってくることができたのが嬉しかったなー。
そして516年にはタケルとの初めての子供で、キサラギ&ハヅキの双子の兄弟が誕生。
517年には2組目の双子、キラリとアカリ。
518年には3組目の双子、ヒカリとカイリを誕生させるのでした。
PS版だったけど、頑張って全部双子で出産しましたよー。

そんなキララがタケルと6人の子供たちと幸せな毎日を送っている頃。
元PCのナナカのところでは、兄のルーティスと姉のリノが立て続けに結婚。
ナナカの元を離れて独立し、家にはナナカと義理の息子で同級生のトーネードの二人だけが残されるというオイシイ状況に。
ナナカはアレック亡き後、魅力女王1~2位に君臨していたというのに、なぜか恋人を作る気配が全くなく、元PCの『アレック大好き』という意志を継いでくれているような気がして嬉しかったなぁ。
しかーし、一緒に住んでいる義理の息子のトーネードも成人してからずーっとカノジョいないし、なんだかナナカとトーネードってちょっとアヤシクね?とかってゲヒーンな疑い持っていたりもしました。
キケンな恋・・・ってヤツ?みたいな。
妄想大好きなウエの人は、きっとトーネードは学生の頃から同級生のナナカが好きで、でも自分の親父(アレック)が恋敵でその恋を泣く泣く封印。
ナナカが義理の母親になり、未亡人になったあとも、家族としてそして1人の女性として一途にナナカのことを思い続けているんだわ!!
とかって妄想を大爆発させていたんだけど、トーネードは亡くなる1年くらい前にカノジョつくっちゃって、『アレ!?ナナカのことが好きなんじゃなかったの!?』という妄想を見事に打ち砕いてくれました。
トーネード、場を読めよ。
とはいえ、元PCナナカとトーネードは子供たちが独立した後、死ぬまでずーっと二人一緒でした。
アレック亡き後誰とも付き合うことがなかったナナカは、31才でひっそりとアレックの待つワクトの元へ。
ナナカの臨終は義理の息子のトーネードが立ち会い、そんなトーネードも、ナナカが亡くなった20日後に静かにワクトの元へ旅立つのでした。。。
晩年は夫婦みたいに過ごしていた二人だけど、でも家の表札は
『ナナカ・アトワイト』
『トーネード・ナッシュ』
の二つの苗字がのっかってて、きっと二人は仲の良い夫婦みたいな、親子みたいな、トモダチみたいな関係だったんだわ、とか勝手に解釈。
印象に残る二人でした。

さて元PCナナカが亡くなった頃には、3代目キララから4代目のハヅキに代替わり。
ハヅキの時代にも結婚したくなるような配偶者がおらず、今度は自分で作成した新規キャラを投入して結婚したりしていました。
そして4代目ハヅキでも頑張ってまたまた3年連続双子を3組を誕生。
そしてこの頃から、地元民を配偶者に選ばなくなったせいか、なんだかプレイが希薄に・・・
家系図をたどってNPCの友人欄を覗いたりする楽しみが減り、地元民との繋がりがちょっぴり薄くなったせいだと思います。
そんなこんなで、なんだかプレイがあまり進まなくなってしまいました。

それでも4代目ハヅキから、
5代目ヴァイス、
6代目リーナとプレイをちまちまと進めて来たのですが。。。
そんなときにWin版のプルトに出会っちゃって、もう一度ナワフと過ごしたーい!!という思いが勃発。現在のプレイに至ります。
なのでPS版のプレイは6代目リーナで止まった状態。。。

今はWin版がメインになってるけど、たま~に思い出しようにPS版のワーネバで遊んでみたくなります。
今度ひさびさにやってみようかなぁ。

あ、あとWin版のオルルドも手に入れてプレイしてみたいんだよね。
PS版は持ってるけど、ひさしくやっていないので・・・

以上が、PS版プレイの思い出でした~ヽ(=⌒○⌒=)ノ



←(その1)を読む          (その2)を読む→


このブログのTOPに戻る

[PR]

by puruto-nikki | 2007-09-26 23:55

<< 517年日記(前半) プルト共和国物語 PS版の思い... >>