519年日記(後半)   

さて、519年の後半になりました。



■22日
本日はナギセ&ヒンパクのバスの浜デートでした。
朝からPCタバサはAリーグの試合が入っていたので、もしかしたらデートのサポートはできないかも?と思っていたのですが、ナギセがデートより試合の応援を優先してくれたので、なんとか試合を終えたあとデートのサポートをすることができました。
ふぅ、良かった。
まぁ今日の試合の対戦相手はタバサの息子のナユタだったから、試合の応援には親族のメンメンがごっちゃり詰めかけてたけど。。。
試合はタバサが無事勝利し、その足でデートへと向かうナギセのあとを尾行。
今日の二人のデートは、バスの浜でキッス的なかんじさっ。

大通り南でヒンパクと合流したナギセは、バスの浜方面へと向かうあいだモンモンとあることを考えていました。
4回目のデートはキッスの回と聞かされていたので(誰にだ)今日のデートはいつも以上にドキドキ。
緊張した足取りでヒンパクをリードして歩くのでした。
そしてバスの浜についたとたん、ヒンパクからあのメッセージがっ。

「目をつぶって」
(キター!!!)
「う、うん」

ギュッと目をつぶってヒンパクのキッスを待つナギセ。
もうもうと煙を立てて訓練をしているNPCたちがいるのはこの際ムシムシ。

「…………」

でもいつまで待ってもヒンパクからのキッスがこない。
オカシイな?と思って薄眼をちらっと開けて様子をうかがって見ると・・・

「…おぃっ」

ヒンパクはナギセのことなどすっかり放置して、浜で訓練を行っていたNPCたちが疲労で落としていったアイテムを喜々として拾い集めているのでした。

「あ、ナギセくんも一緒に拾いなよ~♪」

「イムっ娘め…」

とらえどころのないイムっ娘に翻弄されるナギセなのでした。

■23日
さてさて。
本日もナギセ&ヒンパクはバスの浜でデートです。
もうこの二人には早いところ婚約して欲しいので、間をおかずにドンドン行きますよー。

■25日
さて、本日…
PCタバサにとって、涙、涙の出来事がありました。。。

『ヘイジ・ソルトレイク(12才)』
『ナナマ・アトワイト(8才)』

が結婚。ナナマはソルトレイク姓になりました。
式は午前中だったので遅刻もなく滞りなく執り行われ、無事に終了した次第です。
式の最後、参列者全員が見守る中、新居へと歩き出したナナマ&ヘイジをPCタバサが涙ながらに呼び止めるのでした。

「ナナマごめんね、幸せになるのよ~…」
「ヤダお母さんったらどうして謝るの?わたしはとーっても幸せよ!」
「うぅ~(不憫な子だわ…)」
「そうっスよお母さん!ナナマちゃんのことは僕が一生をかけて守りますから!!」

その顔でゆうな。

「じゃあナナマちゃん、僕たちの新居に行こうじゃないか!」
「ええ!」
「僕たちの初夜(まだ真昼間ですよ)を素敵に過ごそうじゃないか!さぁついておいで!」
「はい!」

そして二人は『♪』を浮かべながらものすごいスピートで駆けてゆくのでした。
あ~ぁ、行っちゃったよ。

さようなら、清らかだったナナマちゃん、、、
お幸せに、、、(遠い目)


::*::...::*::...::*::...::*::...::*::::*::...::*::...::*::...::*::...::*::


さて。
本日は午後からも式の予定が入っていましたが、ナナマ&ヘイジの式がなんだかやりきれなかったので、腹いせにもう一つ予約が入っていた別なカップルの式を壊してみたり。
なんちて。本当は国の人口に制限をかけているのでやむなく壊しちゃったんだけど、、、

それにしても、結婚式が破談になったカップルってすごーく別れやすくなっちゃうんだよねぇ。
で、いったん別な人と付き合って、結局元サヤに戻るってパターンが多いみたい…
これまでのプレイで結婚式は何度も壊してきたけど(何度も壊すな!)、そういうパターンをいっぱい見て来ました。
結婚式を壊すと、NPCたちの間でいろんなドラマが展開されてちょっと楽しいかも。。。

そして夜はDD杯の決勝戦でバグウェルと対戦でした。
もちろん今回も優勝です。

■26日
昨年の25日に結婚した、ナツメ(第14子)とバーレンシア夫妻に、『デコイ・ドゼーテル(お花が好き)』が誕生しました。

男の子だったのでイムな母親バーレンシアに似た性格で生まれて来ちゃった。
ま、仕方ないか…

そして本日は、ナギセ&ヒンパクがアイシャ湖デートです。
いよいよこの二人も今日のデートで婚約となります。なんだかあっという間だなぁ。
アイシャ湖についた二人は、ナギセのほうからプロポース。

「僕と結婚してください!」
「う~~~~ん、どうしよっかな~~~」
(イムのくせに悩むな!)
「とりあえずアッチのほうに行ってみない?」

とのことで二人はフーコー温泉へ。
って、このとき二人で一緒にアイシャ湖を出てきたから、てっきり式場の予約に行くのかと思ってPCタバサを別な場所に移動させるところでした。
あぶない、あぶない。
二人がフーコー温泉のほうに行ってしまったので、「そっちかよ!」とか呟きながらPCタバサも温泉へと駆け込む。

「僕と結婚してくれる?」
「う~~~ん、悩むわぁぁぁ」
「…………」


「僕と結婚してよ」
「そぉね~、どうしよっかな~ぁぁ」

「……おぃ、遊んでるだろ」
「あ、わかった?何回も聞きたかったらツイ」

というような会話があったとかなかったとか。
とりあえず二人はフーコー温泉にて結婚の約束をして、無事に式場の予約をすることができました。
二人の式は来年の25日です。
ナギセの双子の姉ナナセは来年の10日が式なので、姉弟そろっての式にはならなかったけどまぁいいか!
式は1年後になっちゃったけど、イムっ娘のヒンパクちゃんにはそれまでしっかり働いて勤勉性を上げて欲しいところ。
頑張ってね。

■28日
今年の納会で発表された国の状態はこんな感じでした。

総人口 109人
男性 49人
女性 60人
子供 22人(学生8人)

う~む、ここ数年男女の人口バランスが悪い状態が続いています。
今年もそれは改善されなかったか…
今年は新生児が2人誕生。亡くなった人は3人。
年始めにシステム移住者を受け入れたので、昨年と人口は一緒でした。
来年は第17子ナナミと、第18子ナツハが成人です。
またPCタバサは、来年も子供たちの恋人づくりに奔走する1年になりそうな予感…
それと子どもがたちが独立し出して家の住居に空きが出来てきたので、来年はナワフと再び双子ヒットを目指します!
PCタバサは来年38才なんだけど、うまくヒットするといいなぁ。

■30日
今年の個人商店の売り上げは『14796』プゥでした。
みんな、今年もありがとー。


519年はそんな一年でした。


←前に戻る          次に進む→

[PR]

by puruto-nikki | 2007-12-20 23:55 | 1代目 タバサ

<< 520年日記(前半) 519年日記(中盤)その3 >>