517年日記(後半)   

さて、517年の後半です。



■20日
今年のエナコンの結果は、
ミッシェル・ブロックマン(12才)
ソフィラ・ツポレフ(16才)
でした。
二つの才能持ちの未亡人・ソフィラの天下は一体いつまで続くのだろうか・・・
そろそろどっかのおじいちゃんとでも結婚してくれればいいのになぁ。
頼むよ、ほんとに。

■21日
さて。今日はバスの浜にウミカイのカラが出現する日。
前日から徹夜で張り込みを行い、出現したウミカイのカラを拾い集めることに精を出すPCタバサ。

「ふぅ~、今回は9個出現か。まずまずの出現率ね・・・」

せっせと拾い集めては、出展権利を得ているリムの店に運び込むタバサ。
これでまた年末(給料日)に荒稼ぎしちゃうぞ!という思いでウキウキ運んでいたタバサ。
しかーし!デートに浜にやってきたらしいカップルが、ハートを飛ばしながらタバサが拾いきれていないウミカイのカラのほうに向かっていったのでさぁ大変。
大事な大事なのアタシの売り物(いつそう決まった)を奪われてまう!

「チィー!こしゃくな」

それをみつけるなりタバサはカップルに向かって猛突進。
なにくそー!一個たりとも渡すかー!!!

「でぇりゃー!!タックルー!!!」

タバサの渾身のチカラを込めたタックルがカップルに決まった!
どーんと吹っ飛ばされる哀れなカップル。
見事防衛に成功したウミカイのカラを抱えたタバサは、砂浜で殺人事件のようにうつぶせで倒れているカップルに向かって一言。

「アラアラごめんなさいね。ワタシ老眼で前がよく見えなくって。ヲホホホ」

オバちゃん根性丸出しのつくり笑いが良く似合うぜタバサ!
すると少ししたのち、顔中砂だらけにしながらムクっと起き上がったカップルの女性のほうが、うらめしそうな声でつぶやくのでした。

「いった~ぃ・・・タバサおばさま何するんですかぁ・・・」

んんっ!この声は???
聞き覚えのある声に、タバサは女性のほうを良く見てみると、、、

「あらあらまぁまぁオデットじゃないの」

カップルの女性のほうは、タバサの姪のオデットでした。
(オデットはとっくに家計図はたどれなくなっていて、続柄も他人になってるけど・・・)

「ずいぶん久しぶりだけど、元気にしてた?」
「もぉ、タバサおばさまったら相変わらずなんだから~」
(※オデットは初期国民ウィスニーの子供で、タバサとは姪と叔母の関係。514年に結婚するも、たったの1日の結婚生活ののち夫と死別するのでした)

パンパンと砂を払って起き上がるオデットの隣で、同様に吹っ飛ばされたオトコのほうがムクっと起き上がる。

「あ~びっくらこいた。議長さんがいきなり突っ込んでくるんだもんな・・・」

タバサはちらっと男のほうを見ながらオデットに尋ねるのでした。

「あちらの方は、オデットのコレ?」

オノレの小指を立てながら、ひそひそ声で聞くタバサ。

「ちょっ…そういう下品な言い方やめてください」
「でも、コレなんでしょ?」

ふたたびグイっと小指を突き出すタバサ。

「まぁ、そうなんですけど…」
「そっかー。ショウが亡くなってからずいぶんたつものね。オデットに新しい恋人が出来て良かったわ!」
「もぉ、タバサおばさまったら・・・。でもありがとうございます」
「浜でデートするってことは、婚約寸前ってことよね。式にはちゃんと呼んでよ?」
「もちろんです!」

満面の笑みで答えるオデット。
幸せそうでホントに良かった!
ワクトの元に召された、亡き夫のショウも喜んでるよ、きっと。

■22日
港区西の
『アカンサス・バイドラー(25才)』
が危篤になったのでお見舞いに行きました。
アカンサスは、初期国民コン&リアナ夫妻の第1子で、515年に亡くなった、PCタバサの第1子ナユキのヨメでした。
さみしそうな表情が印象的な彼女は、ナユキとの間にルイーズ(18才)、キャノピー(17才)、ヤーボ(12才)の3人の子供を授かりました。
初期国民から誕生した子供たちが、続々亡くなっていくほど年月が経ってしまったんだなぁ・・・
なんて思ってしんみりしちゃいました。
アカンサスよ、どうかゆっくりお休みください。

■23日
さて。本日はPCタバサのAリーグ試合があり、第2子の『ナユタ・ディオン』と対戦でした。
また今年もこの子と対戦か~。これで5年連続ナユタと対戦していることになります。
レベル低いクセによくAリーグに残留できているよな…(ー_ー)
とりあえず試合はいつものごとく、サクっと勝利。
ナユタよ、レベル上げて出直しといで。

そしてナユタは今年、ついにAリーグからBリーグにオッコチてしまうのでした。。。

■25日
本日の結婚式情報↓↓↓
『スカイホーク・ドゼーテル(9才)』
『キーネ・ヘニン(9才)』
が結婚。夫婦はヘニン姓を継承しました。
スカイホークは初期国民ブルティニ・ドゼーテルの子孫。
キーネは初期国民デービット・ヘニンの子孫です。
ヘニン姓もドゼーテル姓もあんまり残っていないから、この二人にはくっついて欲しくない気もしたんだけど、まぁしょうがないか!
二人ともお幸せにネ。

夜はシニア杯の決勝戦で、『スラワ・ブロックマン(23才)』と対戦して、無事優勝することができました。
これでシニア杯は6回目の優勝です。
PCタバサが生きている限り、試合は負けなしで行こうと決めているので、6大大会とかは他のNPCが優勝できなかったりする…
あぃすまんこってす。

■28日
今年の納会で発表された国の状態はこんな感じでした。

総人口 110人
男性 49人
女性 61人
子供 27人(学生15人)

今年の1日に受け入れたシステム移住者は、『ライナス・ヘルマー(24才)頑固一徹』
いつものごとく“どうせ5~6年で死んじゃうしな…”と思って、顔グラは記録していませんでした。
うーん、今思うとちゃんと記録しておけば良かったかも~、、、とちょっぴり後悔。
557年くらいからはその反省を活かし、きちんと記録するようになったんだけど・・・
(でもずいぶん先の話ダス)
今年は双子が2組も誕生したこともあって、新生児は全部で7人誕生。
亡くなった人は4人で、去年より人口が4人増えました。
一時期MAX近くにまでなった総人口がやっと減って来たな~と思っていたら、今年の2組の双子誕生でまた人口が増えちゃった。
来年からPCタバサの第3次世代の子供たちが続々成人するので、成人しだい早めに独立させようと思っています。
そして家の表札に空きができたところで、第4次世代の子供作りに着手する予定です。
あんまり人口が増えすぎると子供がヒットしにくくなるので、なのでこれ以上子供が増えてくれないといいなぁ…( ̄人 ̄)

とりあえず来年は、ナナマとナツメが成人です。

■30日
今年の個人商店の売り上げはしめて『28551プゥ』でした。
今年もNPCたちから金をせしめちゃった・・・
ごめんね。さんきぅでした~。

517年はそんな一年でした。


←前に戻る          次に進む→

[PR]

by puruto-nikki | 2007-10-05 23:55 | 1代目 タバサ

<< 518年日記(前半) 517年日記(前半) >>