518年日記(前半)   

移住してきて29年目。
タバサ・アトワイトは今年36才になります。



■1日
511年に誕生した、双子の姉弟のナナマ&ナツメが本日成人致しました!

ナナマ・アトワイト(第13子)→奥ゆかしい
ナツメ・アトワイト(第14子)→誠実そのもの

で成人です。
二人ともまぁまぁの性格で成人してくれました。
さーて、この子たちには一体どんな恋人をみつけてあげようかな~。
わー、楽しみ♪
お気に入りの独身NPCがこの子達の友人欄にうまく入ってくれるといいんだけどな。

■3日
港区東の
カトリーヌ・ディオン(18才)
が危篤になったのでお見舞いに行きました。
カトリーヌ、まだ18才なのに・・・
カトリーヌはPCタバサの息子ナユタの第2子で、タバサの孫になります。
513年に『キッド・エルナンデス』と結婚したのですが、子供を授かることがなかったので、夫婦のどちらかが短命なんだろうな~とは思っていました。
父親のナユタは、どんな気持ちで危篤の娘を見舞ったのかな?
短い人生、お疲れ様でした。。。

■4日
ゴール&レイカ夫妻に第2子、『エドバー・カサノバ(人気者)』が誕生。
この夫婦はともに顔系統が0系なので、今回産まれたエドバーの顔も0系決定。びみょ~。

■6日
バハ区北の
ポール・リーブス(35才)
が危篤になったのでお見舞いに行きました。
ポールは497年に『まじめ』な性格でやって来たシステム移住者でした。
503年には初期国民の『コスモス・バレラ』と結婚。
二人とも余命はたっぷりあるのに、なぜか子供は娘の『レイカ(13才)』一人しか授かりませんでした…。
ジツは仲悪かったのかな~、この夫婦。
でも長寿のコスモスと結婚したことで寿命をまっとうできて良かったね。
35年間お疲れ様でした。

さて。
今年成人した第14子のナツメですが。
成人したときから毎日毎日友人欄を覗き見していたところ、本日やーっと結婚相手として良さ気な異性が入りました!ヤッタ!
ナツメの恋のお相手はこちら。

『バーレンシア・ドゼーテル(8才)』です。カワイー。
ってか、PCムスメ・ナナムと同じ顔~。
現在共和国には、タバサ&ナワフ夫妻のせいで(?)4系と7系の顔グラが爆発的増加中!ヤヴァイ!!
ナツメとバーレンシアが結婚してしまうと、さらに4系と7系が増えちゃうなぁ……でもそんなの関係ネェ!(はやりもの、はやりもの)

・・・とのことで、ナツメには夕方さっそくバーレンシアちゃんをデートに誘いに行ってもらいました。
バーレンシアちゃんはこんなツメタ顔だけど、ココロは『イムのよう』な優しいヲトメなんです。
ナツメにはキノコを2つばかり持たせてデートに行かせたところ、無事デート成立となりました。

よし、明日はナツメとバーレンシアがちゃんと恋人同士になれるか監視だ!(うきうき)

■7日
本日はナツメとバーレンシアの初デート。
タラの港で二人は無事恋人になれました。良かったー。
明日も続けて二人をデートさせるようにサポートしとくかなっと。

■8日
ナツメ&バーレンシアがタラの港で手つなぎデートでした。
ところでナツメはバーレンシアの1つ年下。
当然ふたりは学生時代にギタの学舎でカオを合わせていたハズなのですが・・・

「そういえば僕、バーレンシアのことあんまり学校でみかけてなかったような気がするなぁ」
「わたし学校に行ってなかったもん」
「エ!!そうなの?そりゃみかけないワケだ・・・」
「でもテストのときには行ってたよ。学校行ってなかったけど、テストの成績は良かったんだから」
「へ、へぇ~…(僕はけっこうハズレてた…)」
「ナツメは毎日ちゃんと学校に通ってた?」
「僕?」 キラリーン☆(効果音)

「首席卒業ですけど、何か?」
 ↑けっこうヤなヤツだったりして
「わー、すごーい。ナツメかっこいー」
「そ、そぉ!?ヤッパリ?」

みたいな会話をしてるんだろうな~。
イムの女の子って、性格が無垢で可愛いんだろうなぁ、きっと。
でもバーレンシアの顔グラと合ってないよー(>_<)
この顔はやっぱドSでいて欲しかった気が・・・

■10日
本日の結婚式情報 ~午前の部~
『ストーク・アエルツ(15才)』
『オデット・ウサギ♪(17才)』
が結婚。夫婦はアエルツ姓を継承しました。
オデットは初期国民ウィスニーの娘で、一度やもめのショウと結婚したことで、現在家系図はこんな感じになっています。

d0119445_15425913.jpg

※血のつながらない子供が3人いたけど、先日長男のビシュンテが亡くなってしまい、子供の数は2人に。

夫婦のどちらかが短命だったら子供ができないところだけど、実はこのふたり、共に30才越えするぐらい寿命が残ってるんだよね。
オデットちゃん、我ながら良いオトコを捕まえました。
これから二人で歩くながーぃ人生、頑張って子作りに励んでね。
お幸せに!

::*::...::*::...::*::...::*::...::*::::*::...::*::...::*::...::*::...::*::

本日の結婚式情報 ~午後の部~
『ブレンダン・カワニシ(15才)』
『ソフィラ・ツポレフ(16才)』
が結婚。夫婦はカワニシ姓を継承しました。

ブレンダンもソフィラも共に再婚です。
ブレンダンのほうは子供ができる間に妻と死別したけど、ソフィラには前夫・チェッカーとの間に二人の義理の娘がいます。
ソフィラは二つの才能持ちNPCで、才能の遺伝をふせぐためにもあんまり子孫を残して欲しくなかったんだけど、プレイを早送りでみたときにかなりの短命ということがわかり、今回結婚させても良し!ってな運びになりました。

テレビをみながら、ワーネバをオートプレイ&倍速モードで先読みするのが好きだったりするので、『エ!このNPCこんなに短命なの!?』っていうのがときどきわかって面白いんです…
って、邪道かなぁ?

結婚してすぐにソフィラと死別してしまうことになるブレンダンがかなり可哀想だけど、でも大丈夫!
ブレンダン、あなたもかなり短命だから!!(ぉぃ!)
※早送りで確認済み※

「そんなぁー!!!」(ガーン)

初期国民と違って、オリジナルの子供は寿命がわからんから延命のしようがないよ。
ま、しょーがないよね。

とりあえず二人ともお幸せに~。

::*::...::*::...::*::...::*::...::*::::*::...::*::...::*::...::*::...::*::

さて。
午前と午後の結婚式の合間には、ナツメ&バーレンシアの3回目のデートを見守って来ました。
タラの港でナツメはバーレンシアにうんちくを語るのでした。

「バーレンシア知ってる?あそこに立っている塔は“サガーの塔”って言うんだよ」
「えー、そうなんだ。ナツメって物知りね」
「たいしたことないさ…。ま、なんてったって、 首席卒業ですから」
「これからもいろんなことをいっぱい教えてね」
「まかせとけって。この首席卒業の僕になんでも聞けってーの!(パチッ!)」←ウィンク

“おちょうし者”な子供時代を送った子が、ナツメみたいな性格になりそう。
でもナツメの性格は『誠実そのもの』なんだよな…
まぁ、『誠実そのもの』なお調子者ってことで。


夜はジマ杯の決勝戦で、『レイカ・カサノバ(13才)』と対戦でした。
うーん、NPCにして13才で決勝まで勝ち上がってくるとはたいしたもんです。
レイカは初期国民コスモスの娘なので、彼女の素質を受け継いでいるのかもしれないなぁ。
でも結果はPCタバサが優勝なんだけどね。

⇒中盤へつづく。。。


←前に戻る          次に進む→

[PR]

by puruto-nikki | 2007-10-11 23:55 | 1代目 タバサ

<< 518年日記(中盤) 517年日記(後半) >>