523年日記(後半)   

523年の後半です。
生まれました第23子!



■14日
昨年シングルヒットした子どもが、本日誕生致しました。
元気な男の子です。わーぃ。
今回のプレイでは出産というと双子しか誕生させてなかったので、シングルの出産は今回初。
いつも命名のときすごーく迷ってしまう、アタマに“ナ”の付く名前を2つ考えなくて良いから、ちょっと楽かも。

で、ぽちっと命名いたしました。

『ナツキ・アトワイト(人気者)』

です。
この子もいずれ、次世代の引き継ぎキャラ候補に入って来ることになるでしょう。
どうか美形な顔が出ますようにオネガイ!(‐人‐)

■16日
ミダショルグ邸『ロイス・ディオン(36才)』が危篤になったのでお見舞いに行きました。

ロイスは、PC夫のナワフ以外で唯一生き残っていた初期国民です。
PCタバサが移住してきたときは、確か3才くらいの可愛らしい幼女でした。
寿命が長いことは知っていましたが、結婚した相手も長寿だったため、寿命カットにならず天寿を全うできたようです。
って、結婚相手は、PCタバサの第2子『ナユタ(31才)』ですが。


ロイスは498年に、PC息子のナユタと結婚。

『ゾン・ディオン(23才)』※下のカトリーヌとは双子
『カトリーヌ・ディオン(23才)』
『キンバリ・ディオン(11才)』
『コマンチ・ディオン(9才)』

の4人もの子供を儲けるのでした。
ってか、双子産んでたからちょっと寿命が延びてたのね。
一発目に双子を誕生させてから、なかなか第3子を授からなかったりして、息子のナユタの寿命を怪しんだときもあったけど、512年と513年に続けて『キンバリ』と『コマンチ』(なんか二人ともヘンな名前)を産んだりして、プレイヤーをびっくりさせてくれました。

ありがとうロイス、君のことは忘れないよ・・・

しかしこれで共和国で生き残っている初期国民は、夫のナワフだけになってしまいました。
データを覗いたりすることができないので、ナワフの寿命がどれだけ残っているか全く未知数。
共和国最後の生き残りとして、彼には長く生きてもらいたいものです。

■17日
さて。
今年の10日に第17子ナナミが家を出て行き、家の表札に空きが1つ出来ました。
なので今年も狙うよシングルヒット!
ってなことで、前日に仕込みを行っておき、日付が変わったところで子作りだー。

リセット、リセットを繰り返し、、、
なんとか大量ハート来ました。シングルヒットです!
30回くらいのリセットでヒットしたかなぁ?
来年、ヒットした子どもが生まれる頃にはPCタバサは42才になってますけど。。。
こんな年齢で子供産んでいいのかな?という軽い罪悪感はありますが、まぁヨシとしましょ!
どうか可愛い子が生まれますように。

■20日
今年のエナコンの結果は、

『ミッシェル・ブロックマン(18才)』
『ライム・ドゼーテル(16才)』

でした。
ミッシェルは3年連続ミスタープルトになっています。
早く結婚したらいいのに…
ちなみにミッシェルは、ハタチを越えるまでエナコンに出続けた後、観念したように結婚するのでした。
そんなことやってるから子孫残せなくなっちゃうんだっつーの。

■25日
本日は2組のカップルがめでたく式を挙げる運びとなりました。
(めずらしく式を壊さなかった)

午前中は、
『メッカ・ツポレフ(12才)』
『パルスェット・ブロックマン(14才)』
が結婚。夫婦はブロックマン姓を継承。

午後からは、
『ヤーボ・バイドラー(18才)』
『アノリ・エルナンデス(15才)』
が結婚。エルナンデス姓を継承。

という感じでした。
いつもだったら人口制限のため、ここ最近はあまりNPCたちに結婚をさせてなかったんだけど、実は今日結婚したこの2組のカップルは、最速オートプレイで先に進めてみた結果、どちらのカップルもパートナーの寿命が足りなくて子供が出来ないのがわかったので・・・

かわいそうだけどしょうがないよね。。。
子供はつくれないけど、でも仲良く暮らしてね!

夜はシニア杯の決勝戦で、『シンイチ・フエンテス(20才)』と対戦。
KO勝ちで優勝です。

■26日
第3子『ナナコ・アトワイト(31才)』が危篤になったのでお見舞いに行きました…

ナナコは、今年の初めにワクトの元に召されたナナネの双子の姉です。
今年、姉妹揃ってワクトの元に旅立ってしまうことになろうとは…

ナナコは数年前夫に先立たれて未亡人となってしまったため、31才で危篤になってしまったようです。
ダンナ様がもっと長生きだったら、もう少し生きられたかと思います…
また一人、子供がワクトの元に旅立ってしまう(T_T)
今日はナナコの自宅で、震えるナナコを一晩中見守りながら過ごしました・・・

■27日
第3子、ナナコの葬儀に参加して来ました。

ナナコ・アトワイト(31才) 492年生まれ 『とっても謙虚』
ミダショルグ C1位
ウルグ長2回
バハウルグ3位 生涯ポイント7912
スピード90、スタミナ110、スピリット60
15勝33敗0KO 7連勝

今年ワクトの元に召された双子の妹ナナネと違い、武術のほうではそれほど目立った活躍はありませんでした。
でも勤勉な性格ということもあって、生涯の中で2度ウルグ長を務めたようです。(タナボタウルグ長かも?)
生まれたときの性格は「いい子」で、成人したときの性格は「きちょうめん」。
勤勉でちょっと消極的な人生を歩んだようです。

ナナコは500年に初期国民『ニックス・エルナンデス』と結婚して、

『ソフィラ・アトワイト(享年17才)』
↑2能を持って生まれてきて、プレイヤーを悩ませた
『サルバドール・アトワイト(19才)』

の二人の子供を儲けました。

長女のソフィラは子孫を残すことはできなかったけど、弟のサルバドールはちゃんと子孫を繋いでくれているので、ナナコ&ニックスの血がこれからも途切れなければいいなぁ、と思います。

さよなら…

■28日
今年の納会で発表された国の状態はこんな感じでした。

総人口 115人
男性 56人
女性 59人
子供 31人(学生12人)

人口は満杯状態で、子供が生まれにくくなっています。
今年もシステム移住者はやって来ませんでした。
実は今年の17日にヒットしたPCタバサの子供も、今年の7日にワクトの元に召された娘のナナネが家系図から消えたのでヒット出来た子供だし。
NPCを差し置いて自分だけこんなに子供作っちゃって良いのかな?という気がして胸が痛いです。
まぁでも、それはPCの特権!ということで良しとしてくださいな。

■30日
今年の個人商店の売り上げは『19968』プゥでした。
ふー、今年の頑張って稼いだぞ、と。

523年はそんな一年でした。


←前に戻る          次に進む→

[PR]

by puruto-nikki | 2008-04-15 23:55 | 1代目 タバサ

<< 524年日記(前半) 523年日記(前半) >>