527年日記(後半)   



3才にして26才の『甥』を持つ、PCナツキの日記です。




■10日
昨日、元PCで母であるタバサが亡くなってしまい、不幸のどん底状態へ叩き落されたPCナツキ。
子供キャラが頭上に不幸のぐるぐるをのっけてるのを見ると切なくなります。。。
ってまぁ、現在アトワイト家の家族全員が頭に不幸のぐるぐるを乗っけているワケですが。

↓↓↓全員不幸状態。かわいそう。。。


母親が亡くなってしまい、ショックを受けて落ち込んでいるナツキを、兄であるナスカが気遣って声をかけて来てくれました。
↓↓↓


ナスカ兄さんは、積極性がMAX近いので、家の中にいるとよく話しかけて来てくれます。
うぅ~、ありがとう。あんたはいい兄だよー。大人になったらシッカリ恋人作りのサポートしてあげるからね!

・・・とまぁ、母を亡くしたショックを兄弟たちで癒し合い、強く生きて行こうとしているアトワイト家のこどもたち。
そんななか、PCナツキはさらなる癒しを求めて、とある人物に会いにゆくのでした。

今日は10日だけど結婚式もなく、国全体がのんびりムードのなか、ナツキは大通り北で目的の人物を発見するのでした。

「あっ、いたいた」

「おーぃ、アキコちゃーん!!」

「???」

「なにしてるの?」
「あら、ナツキくん。みてのとおり、遊んでるのよ」
↑↑↑くぅ~っ、カワイー!!この顔大好き!

「アキコ・ディオンちゃんは僕のいっこ上のお姉さんで、初期国民の"ダラー・ディオン"のひ孫なのさっ」
「???ナツキくん、誰に説明してるの?」
「まぁ気にしないで。それよりお散歩にでも行こうよ」
「いいねぇ、じゃあヤーノ市場へしゅっぱーつ!」

連れ立ってヤーノ市場へと駆けてゆくナツキ&アキコ。
チョコマカと走り回っている子供たちを見ていると、不幸気分が癒されますなー。
そんなこんなであっという間にヤーノ市場へと到着すると、アキコがお姉さん風を吹かせてこんなこと言って来るのでした。



「お使いを頼まれたら、ここに来ればいいのよ」
「…………」
「??どうしたの」
「…うん、、、僕にはお使いを頼むお母さんがもういないからさ…」
「あっ。。。」

ハッと口を噤むアキコ。
「ご、ごめんね」
「ううん、いいんだ。こっちこそごめんね」

言って、弱弱しく笑ってみせるナツキ。
悪いことを言っちゃった…と思って黙り込むアキコの前で、ナツキはこんなことを思っていたとか。

(ふっ、どうだこの影のあるオトコっぷり!女は影のあるオトコが好きだからな!!)←偏見

とかね。

「よし!じゃあお詫びに今日は一日ナツキくんにつきあうわ!次はどこに行って遊ぼうか?」
「わー、ありがとう!僕、仕事場に行ってみたいな!」
「よーし、じゃあしゅっぱーつ」

キュっと手を握って駆けて行く二人。
走りながら、ナツキは

(アキコ、いつか君を僕のヨメにするぜ!!)

と思っていたとか。

■19日
早いもので、元PCであるタバサがワクトの元へ召されてから10日が経ちました。
ナワフのステータスの【既婚】の文字が取れ、花の独身へと舞い戻ったナワフ。
今年44才で来年には45才になってしまうナワフだけど、もうひと花咲かせてあげようかな?と思い、夕方、意中の人をデートに誘いに行ってもらうことを計画してみました。
ナワフは昼間はいい人探しに街中をほっつき歩いているので、夕方、鐘が鳴る頃に家に帰宅させれば、夜の試合の出場や応援がない限りはデートの誘いに出かけるハズ。
これまで何度もNPCたちをデートに誘いに行かせていたので、ナワフにもすぐ彼女を作ってあげられるだろ~とか思っていたのですが…

夕方、ちょうど鐘が鳴った頃にうちに帰宅させたナワフ。
通常なら少ししたのち、意中のヒトをデートに誘いに行く行動を取るので、ナツキは玄関の入口でキノコを4個持って待機。
しかーし!ナワフはプレイヤーの思惑とは裏腹に、玄関の入口に向かうのではなく、なぜかアイテム庫のほうへ猛ダッシュ。


↑↑↑ナワフよ、どこへ向かうのか

あれ?なんでアイテム庫のほうへ向かうのさ!?と思って、ナワフを捕まえて話しかけてみたところ、



とのこと。
あ~、、、そっち優先なのか・・・

どうやら出店権利を得ているナワフは、夕方デートの誘いに行くよりも、個人商店に品物を補充することを優先するようです。
知らなかった…
てっきりデートの誘いに行くかと思って、キノコを4個も持って待機していたナツキって一体。
しかし、ナワフが夕方デートの誘いに行ってくれないなら、休日に誰かを誘いに行ってもらうしかないな~。
なんだか面倒・・・
ドッとやる気が失せてしまったプレイヤーだけど、翌日は20日でエナコンの日だったので、ナワフにキノコを持たせてエナコンに出てもらおうかな?と思い、キノコを4つ持たせてみました。



しかし、キノコを持たせてすぐにゴシップランキングの確認に行くと、ぜんっぜん魅力TOP3入りもしていませんでした。
↓↓↓


……もう、処置なしかも。
いつかナワフに恋人を作ってあげることができるだろうか・・・

■25日
たいへん驚くべきことがおこっていました。
父、ナワフがなぜか昨日、家で『♪』マークを浮かべていたので、まさか恋人でもできた!?と思って確認したところ、どうやらそうではなく、なんと夜の武術大会・・・イム争奪戦で決勝まで勝ち進んでいたのでした。
えぇー!ナワフって44才だよ?ノーリセット(っていうか放置)だよ!?
アトワイト家の子供たちがいまだに幸薄い感じでジメジメと暮らしているのに、父親だけがこわいくらい幸せかよ。。。と、若干憎々しく感じます。(こらこら)
とはいえ、元PCタバサが存命していたころは、ナワフを含めたすべてのNPCが武術大会で優勝することはできなかったので、新しい時代が来たなーという感じもします。

さて、夜。
イム争奪戦の決勝へと勝ち進んだナワフ。
多くの国民が見守るなか、とりあえずお約束の言葉をば。



対戦相手は死んだオメーのヨメだろー、とかツッコミ入れつつ、対戦相手が不在のため、ナワフは44才にしてはじめて、武術大会優勝という栄冠を勝ち取るのでした。
よかったね!




(日陰の人生だったワシに、はじめてヒカリがっ…)

とか思ってるんだろうねぇ。
元PCタバサを動かしていたプレイヤ―的には、嬉しくもあり、ちょっとさみしくもある出来事でした。
タバサがいなくなっても、国はこれまで通り淡々と進んで行くんだねぇ、、、
今のPCは2代目のナツキだけど、いまだにタバサ視点で国を見てしまう。
プレイしていた期間が本当に長かったからなぁ。。。

■30日
そして今日は議長選が行われる日。
現在評議会館に住んでいるナワフはウルグ長にもショルグ長にもなれないので、ただ投票することしかできない日。
本来なら、44才にしてノーリセットでAリーグ1位で、ウルグの順位も断トツで1位なのにね。
きっとナワフも、もどかしい気持で投票とかしているんだろうな~と思っていたところ、、、



なんと、新議長はガアチウルグ長でナツキの姉、ナナム(25才)に決定!
新しい議長を親族が務めることになるのは嬉しい限り。
そして、ガアチウルグ長であるナナムが議長になったため、ガアチウルグで一番ポイントを稼いでいるナワフが棚ボタウルグ長にっ!!



ナワフがウルグ長になったため、議長宅からガアチウルグ長宅へとお引っ越しです。
これまで長らくお世話になっていた議長宅から荷物をまとめ新居へと越して来ると、そこには早々と新居へ引っ越しを済ませ、『♪』マークを浮かべて佇むナワフの姿が。


↑↑↑よっぽど嬉しかったんだろうねぇ、、、

「日陰の人生だったワシに、さらなるヒカリがっ…!!」

とか思ってるんだろうなぁぁぁ。
元PCタバサがいなくなったことで、人生が上々となりつつあるナワフ。
来年45才になるナワフだけど、いつまで人生上々でいられるかな。
そろそろ波乱の大暴落があるんじゃないの~?


「また今回も出番が少なかった…」

すまんね。
でも来年前半の日記も出番が少ないかも。


527年はそんな一年でした。


←前に戻る          次に進む→

[PR]

by puruto-nikki | 2008-07-07 23:55 | 2代目 ナツキ

<< 528年日記(前半)その1 527年日記(前半)その2 >>